2010年03月02日

「逮捕は不当な組織弾圧」北教組がコメント(読売新聞)

 民主党の小林千代美衆院議員(41)陣営に、政治資金1600万円を違法に提供していたとして北海道教職員組合(北教組)の幹部らが1日、札幌地検に政治資金規正法違反容疑で逮捕された事件で、北教組は同日午後10時過ぎ、「逮捕容疑にあるような政治資金規正法に違反する事実は一切ない。今回の逮捕は不当な組織弾圧と言わざるを得ない。嫌疑を晴らすべく組織一丸となってたたかっていく」とするコメントを出した。

津波警報解除・注意報切り替え、28日中にも(読売新聞)
昨年の衆院選は「違憲状態」 1票の格差で 東京高裁 (産経新聞)
中日ネルソン投手を逮捕=空港で実弾所持−沖縄県警(時事通信)
<厚労省>「漢方」「はり」治療データ蓄積、人材育成を提言(毎日新聞)
餅米の里に誕生「お祝い餅つき隊」4人づき参上(読売新聞)
posted by オギノ シゲオ at 18:26| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

<さいたま市立病院>院内? 8人CD菌感染1人死亡(毎日新聞)

 さいたま市立病院(同市緑区)は26日、入院患者の男女8人が大腸炎を引き起こすクロストリジウム・ディフィシル(CD)菌に感染し、うち市内の男性(71)が18日に敗血症で死亡したと発表した。他の感染者(31〜91歳)に重症者はいないが、病院は院内感染の疑いが強いとして原因を調査している。

 市立病院によると、死亡した男性は脳出血の手術後、抗生物質を投与されていた。CD菌は抗生物質に強く、抗生物質の投与で腸内の善玉菌が減少している時に感染すると、毒素を出して大腸炎を引き起こすことがあるという。同病院では年間約30件の感染が確認されているが、通常は約1週間で治り、過去5年間に重症や死亡例はなかったという。【稲田佳代】

【関連ニュース】
パンデミックに挑む:森兼啓太さん=山形大准教授
C型肝炎:茅ケ崎市立病院の院内感染 被害男性と和解金600万円で示談へ /神奈川
院内感染:県立医大病院で5人に 流行性角結膜炎、医師から患者へ /和歌山
C型肝炎:茅ケ崎市立病院の院内感染 市長減給へ /神奈川

ユニオンHD「黒幕」ら、インサイダー取引容疑で逮捕へ(産経新聞)
郵便不正公判、元係長「村木被告と話したことない」(読売新聞)
<橋下知事>大阪市長と激論 生活保護や府市統合構想など(毎日新聞)
10道府県で流行目安下回る=インフル患者、4週連続減−感染研(時事通信)
問題推察も、後期の解答用紙誤配布…北九州市立大(読売新聞)
posted by オギノ シゲオ at 03:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。